スパルタ英会話は詐欺!?返金解約できないのか実際に聞いてみた

スパルタ英会話には、解約する際に返金が充分でないという噂があるのをご存じでしょうか。もしもその噂が本当だったら恐ろしいですよね。詐欺と言われてしまうような気もします。

というのも、私も通いたい英会話スクールがあると、ついついこういう噂というものを追求したくなってしまうのです。そこで今回は、スパルタ英会話では解約がどのように行われているのか、返金にまつわる噂の真相を実際にスパルタ英会話の方に聞いてみました

これを読めば、このスクールを解約する際にどのようなことをすれば良いのか、返金ができないのは本当なのかについてよく分かります。

スパルタ英会話は

  • ネイティブ講師のレッスン量業界ナンバー1!
  • 無料体験レッスンを含め全コースオンライン受講が可能
  • イングリッシュポリシーで留学環境を実現!
  • 日本語講師に日本語でも教えてもらえるから安心
  • 講師は全員ネイティブ講師でとてもフレンドリー!
  • 無料体験レッスンではネイティブ講師のレッスンを実際に受けることができる!

ネイティブ講師とのレッスンは思っている以上に楽しいですよ。30秒で予約完了!手遅れになる前に、鉄はアツいうちに打て!

\ 今月割引キャンペーンやってるかも!?まずはチェック! /

まずはスパルタ英会話について

最初に、スパルタ英会話のことを詳しく知っておきましょう。スパルタ英会話とは、「3か月で英語を話せるようになる」という目標を持つ英会話スクールです。日テレ系列の人気番組「マツコ会議」でも取り上げられていました。

ここでいう3か月というのは、人間が物事を習慣化させるために必要と脳科学において言われている期間のことを言います。このスクールでは3か月で、英会話だけでなく、英語の勉強が自分の中で習慣化することを目指しているのです。

3か月という風に言われていますが、2か月プラン、4か月プランも設定されています。仕事に忙しい人やきちんと時間をかけて学習したい人、それぞれが希望の期間通えるように選ぶことが可能です。

※1か月プランというものもありますが、こちらを選択したい方はスクールに相談してください。

価格やコースなどの詳細は以下の表を参考にしてみてください。↓↓↓

2か月プラン 3か月プラン 4か月プラン
マンツーマンレッスン 16回 24回 32回
グループレッスンの回数 受け放題 受け放題 受け放題
コンサルティングの期間 2か月 3か月 4か月
オンラインレッスンの回数 受け放題 受け放題 受け放題
オリジナル教材の冊数 2冊 3冊 4冊
料金 424,600円(税込) 594,000円(税込) 720,000円(税込)

どんなライフスタイルにあっても英語の学習が習慣化できるように、通学期間中の学習量はとても多いです。このことから、「スパルタ英会話」と名付けられたと言われています。

また、その英語学習も脳科学の観点から「どうすれば英語を話せるようになるのか」を考えた結果に基づいて編み出された「スパルタメソッド」という独自の学習方法となっています。

以下の動画でもスパルタ英会話で教えてもらえるような、実践的な英会話フレーズが紹介されているのでぜひチェックしてみてください。↓↓↓

スパルタ英会話の解約方法

ここまで話を聞くとかなりスパルタ英会話が魅力的に思えますよね。しかしそれだけではなく、このスクールは契約の途中で解約したり、クーリングオフすることも可能です。公式HPでは以下のように記載されています。

契約の解除(クーリングオフまたは中途解約)を行うことができます
詳細については、お申込み時に書面でのお渡しとご説明をいたしますのでご確認ください。ご契約後になんらかのご事情で通学が困難になられましたら、担当コンサルタントへご相談下さい。
解約のほかに、コース変更・休学など、解約なさらずにお続けいただけるサポートシステムもございます。
引用: スパルタ英会話

解約の際は、まず担当コンサルタントの方に相談する必要があります。解約したいという旨を伝えると書類を渡され、そこで解約方法にまつわる説明を受ける、という流れです。

他のスクールとは違い、スパルタ英会話は30日以内全額返金保証がありません。したがって、レッスンを受けた後は全額返金することが出来ないのです。この点に注意してください。

ただし、クーリングオフは適用されます。そのため契約書にサインしてから8日以内なら返金をしてもらうことができます。30日以内に全額返金保証が無い点を覗けば、かなり良い英会話スクールと言えますね。

実は詐欺と言われている!?

しかし、そんなスパルタ英会話にまつわる噂を調べていると、このような書き込みがあることが分かりました。

解約返金において法令違反を犯しているスクールです。
(以下、客観的に事実のみを書きます)

本気で入会を検討していたところ、入会金5万円、受講料3か月分45万円と、私にとっては高額であるので、もし私に合わなかったときのために、クーリングオフや解約について念のために確かめておこうと思いました。

以前、消費者センターからアドバイスを受けたこともあり、それに基づき、このスクールに電話しました。
すると、次のような話を聞くことになったのです。

このスクールでは、クーリングオフ期間が過ぎた後、受講開始前に解約する場合、入会金の5万円は返金できないとのことで、さらにスクール独自の理由により、約10万円の解約関連料金が発生し、合計約15万円を最初の入金額から差し引くとのことでした。

しかしこれは、英会話スクールに適用される「特定商取引法、第四十九条」に違反しています。
この法令では、受講開始前に解約する場合、スクールが取れるのは1万5千円迄とされており、このスクールは法定上限の約10倍の金額を取ることになります。

(担当者の名前も含め、すべての会話を録音しています)

この時点でこのスクールが信用できなくなり、電話を切りました。
本気で入会を検討していたのに残念でした。
引用: 2ch

要約すると、スパルタ英会話と契約してからクーリングオフ期間を過ぎると、例え受講前であっても、なんと入学金から約15万円も差し引いた金額しか返ってこないということです。

この噂が本当ならば、特定商取引法という法率で定められている、英会話スクールが手元に残して良い金額の15,000円よりもかなり高い金額が取られてしまう、ということになります。

さらに、この通学を検討していた方は当時スパルタ英会話でかかるとされていた費用の合計・約50万円を支払ったにも関わらず、約35万円しか返ってこなかったということになのです。

この当時と違い、現在3か月プランの費用は入学金と併せて644,000円(税込)となっているので、ここから約15万円差し引かれるとなると、約49万円しか返ってこない、ということになります。

通う人が損をするだけでなく、法律に違反するとなると、通う、通わないの話ではなく、営業して良いのかという問題に発展しそうです。詐欺と言われてしまうのも無理はありません。一体、真相はどうなのでしょうか。

問題点①クーリングオフとは?

ここからは、今回の記事において何度も出てくる用語を解説していきます。1つめはクーリングオフについてです。これはある1つの契約において一定の期間、契約を申し込んだ人から説明無し、且つ無条件で申し込みの撤回や契約の解除ができるという法制度になります。

この「一定の期間」というのは、基本的に申し込みをした日、あるいは契約書の書かれた日付から8日間とされています。例によっては8日間以上のものや未満のものもありますが、スパルタ英会話のような語学教室は8日間です。

問題点②特定商取引法

特定商取引法とは、事業者の違法な、そして悪質な勧誘行為などから消費者自身と消費者の利益を守るためにある法律です。先述のクーリングオフも、この法律の中に含まれます。今回の噂で問題になっている第49条は、中途解約について書かれれているのです。

第49条には、消費者はクーリングオフの期間が過ぎてしまったとしても途中解約が可能であること、また、契約の解除がサービス提供の開始前であった場合、サービスの提供者が受け取れる金額の上限が示されています。

これによると、スパルタ英会話のような語学教室が受け取れる金額の上限は15,000円です。今回の噂では、スクール側が15万円を取るとしています。もしもこれが本当なら、確かに15,000円を10倍も上回ることになるのです。

本当に解約できないの?実際に問い合わせてみた

果たして、「クーリングオフの期間を過ぎてしまうと、受講前であってもかなりの額が返金されない」という噂は本当なのか、真相を確かめるべく実際にスクールに問い合わせてみました。

実際に問い合わせたものなので、この答えは公式情報ということになります。必見です!

本当に問い合わせてみた結果

まず、スパルタ英会話のお問合せフォームにメールアドレス、電話番号そして本題である「クーリングオフの期間が過ぎると、受講前であっても、かなりの額が返金されないというのは本当か」という旨を記入し、送信しました。

すると早くもその数時間後に、記載した電話番号宛てにスパルタ英会話から電話がありました。電話での回答の内容は、

そのような口コミはこちらで把握していませんが、万が一クーリングオフの期間が過ぎてしまっても、受講前でしたらスクールが頂く金額は最高で15,000円です。

 

15,000円以上頂いてしまうと、法律に引っかかってしまうことも把握しています。

 

受講後となりますと、レッスンの回数に応じて返金できる金額は変わってきてしまいますが、受講前に15万円も頂くようなことは一切ございません。

ということになります。

つまり、スクールのスタッフの方の話によれば、受講前ならばクーリングオフの期間を過ぎても15,000円以上取ることは絶対に無いということでした。つまり、「クーリングオフの期間が過ぎると、受講前であっても、かなりの額が返金されない」と言う噂は嘘でした。

先述の通り、30日間全額返金保証という制度が無いので、受講後は返金額がどうしても変わってしまいます。しかし、クーリングオフを過ぎたからと言って受講前に15,000円以上取ることはしていない、と説明していただきました。

話を聞いてみての感想

実際に電話で回答を頂き、説明を聞くことで安心してスパルタ英会話の話を聞くことが出来ました。スクールのスタッフの方の対応もかなり丁寧で、この事実が本当ですという前提で聞けたのもとても良かったです。

こんなに対応が懇切丁寧なスクールが、本当に詐欺をするのだろうか?と思ってしまいました。

また、質問に対応していたことについて感謝の意を伝えたところ、スタッフの方から「ご入会を迷われていたり、不明点があれば無料体験をぜひ受けてほしい」「現在(2020年10月時点)はオンラインでも無料体験を行っています」と、無料体験を薦めてくださいました。

無料体験というのは、スパルタ英会話で実際に行われているマンツーマンレッスンを体験できるだけでなく、コンサルタントの方に自分の英語の目標をヒアリングしてもらえたり、その上で自分だけの学習計画を製作してくださるというものです。

スクールや無料体験にまつわるお話も、よくあるしつこい勧誘というわけではありませんでした。こちらが聞きたいことや発言したことに対してしっかりと受け止め、そしてはっきりと丁寧にお答えしていただけました。とても好印象です!

もしも記事を読んでスパルタ英会話に興味を持ったり、本当に返金してもらえるのか自分で確かめたいという方は、無料体験を受けてみてください。現在(2020年10月時点)では、どの無料体験もオンラインで受講できるので、ぜひその実態を実感してみてください。

まとめ

今回は、スパルタ英会話は本当に解約返金できないのか、そういった噂の真相について紹介しました。まとめると、

  • スパルタ英会話とは、「3か月で英語を話せるようになる」という目標を掲げ、独自の勉強法で英語学習をする英会話スクールである。
  • 万が一スパルタ英会話の受講期間中に解約したくなった場合は、30日以内全額返金は無いため一部のみ返金になるものの、コンサルタントに相談することで解約できる。
  • 「クーリングオフの期間を過ぎてしまうと受講前であってもかなりの額が返金されない」という噂は嘘であり、実際はきちんと返金、解約してもらえる。
  • 噂の真相を確かめるためにも、無料体験を受けるべきである。

ということになります。スパルタ英会話にまつわる噂の真相がこれでようやく分かりましたね。スクールに対する好感度もかなり上がったのではないでしょうか?ぜひこの問い合わせで私が実際に受けた丁寧な対応を、皆さんにも体感して頂きたいです。

英会話学ぶならやっぱりネイティブ講師が1番ウレシイ!スパルタ英会話の無料体験レッスンでネイティブ講師の授業を受けれます!30秒で予約完了!鉄は熱いうちに打て!手遅れにならないよう今受けといたほうがいいです!

\ 今月割引キャンペーンやってるかも!?まずはチェック! /

The following two tabs change content below.
アバター

ちな

記事を読んでいただき、ありがとうございます。記事を読んでいただくことで、スパルタ英会話の魅力を知ってもらうこと、英語を学ぶ人の為になる情報を提供することが目標です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です